春の味覚に合わせるスペインワイン|[GLADD(グラッド)] - ブランド通販/セール

春の味覚に合わせるスペインワイン

春の味覚に合わせるスペインワイン

セール期間 : 2017年4月15日まで

春にぴったりのスペインワインを厳選してご紹介! 春の味覚、旬食材にあわせたセットや、お花見などの春のパーティーシーン、5月の行楽シーズンに向けておすすめセットなど、初心者も上級者も陽気にワイワイ楽しめる、豊富なラインナップで提案します。 <主なワイナリー> ■ボデーガス・ビニャ・ルダ…2010年D.O.ラ・マンチャに設立された新しいワイナリーです。約15ヘクタールのブドウ園では、テンプラニーリョ種、シラー種、そしてアイレン種を栽培しています。年間の300日間は快晴に恵まれ、年間の日照時間は2,500時間、年間の降雨量は200mm-400mmと なっています。ワイナリーの畑の年間の平均気温は15℃ですが、冬には-5℃、夏には40℃を越し、とても寒暖の差が激しく、この寒暖の差がブドウの熟成 を進めます。ワインのエチケットのテーマは”傘”。ワイナリーの建物にも描かれたそのデザインは、恋人たちの愛をイメージし、愛されるワインであることへ の願いと東洋をイメージし、敬意を払って付けたデザインです。 ■ボデーガス・トビーア…ボデーガス・トビーアの歴史は、オスカル・トビーアが家業のワイナリーを復活させた1994年に始まりました。瓶詰め、出荷のための施設を作ったオスカルは、冷たい北風を遮る壮大なシエラ・デ・ラ・カンタブリア山脈を望むワイナリーを設計しました。常に利益を再投資するというポリシーから、ボデーガス・トビーアは、最新のワイン醸造機を導入し、独自の高品質なワインを作り続けています。1996年、オスカルの革新性、情熱、新しいワイン醸造方法への絶え間ない探求により、最初の「オーク樽発酵ロゼワイン」がスペインで誕生しました。ロゼ ワインの世界では、画期的なワインでした。今日、樽発酵させたアルマ・デ・トビーア(トビーアの魂)ロサードは、スペインで最も有名なロゼワインのひとつです。 ■エゴ・ボデーガス…エゴ・ボデーガスは、フミーリャ地方の歴史ある街の中心地から数キロ離れた恵まれた立地にあり、25ヘクタールのブドウ畑を有し、樹齢50年にもなるピエ・フランコ(接木をしていないブドウの木)のテンプラニーリョやシラー、そして土着品種のモナストレルの栽培を行なっています。フミーリャ特有の気候と相まって、強い甘みとすぐれた酸味のバランスがとれた厚い皮の小さなブドウを作り、その果実がフミーリャの濃厚な辛口ワイン産地を生み出しています。 ワイナリーが伝えたい3つのキーワード Ego (尊厳): ワイナリー理念 Talento (能力): ワイナリーの実績と評価 Infinito (可能性): 目標への飽くなき挑戦 これら3つのキーワードは、まだ設立して間もないワイナリーが成功と失敗を繰り返しながら、試行錯誤を重ねた結果生み出された彼らのワインを象徴するものです。彼らは、ワインを常に最良の状態でお客様に楽しんでいただきたいという目標を掲げ、その年のブドウの出来具合などにより、その都度、製造過程などを見直しながら品質の高いワイン作りに取り組むよう心がけています。 ■セジェール・マス・ラモネーダ…アルテサ・デル・セグレ自治体内のモンマガストレの町。マス・ラモネダはそこに100ヘクタールもの広大な土地を有し、その5分の1をブドウ畑として利用しています。DOコステルス・デル・セグレと呼ばれるこの地域は、霧が多く発生し典型的な大陸性気候特有の極端な気温変化が顕著に表れています。これらの環境条件は、ワイナリーの特色となるブドウ品種、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、テンプラニーリョ、ガルナチャやモナストレルを育てます。彼らは伝統的な醸造方法を用いて、農園内にある貯蔵室でワインを作ります。手摘みしたブドウを手作業で選りすぐった後、発酵と熟成をステンレスタンクで行います。クリアンサワインについては、フランスのアリエという有名な地域から運び入れたオーク樽で熟成させています。 ■ボデーガス・メレール…メレール家は何世紀にもわたって農業に携わり、世代ごとに穀物や、アーモンド、ブドウを栽培してきました。自分たちのブドウ畑をもとに、ワイナリーを設立するという考えは、家族経営のワイン醸造の歴史を取り戻すという夢に由来しています。メレール家のブドウ畑は、DOソモンターノのピレネー山脈のふもとに位置しており、ブドウ栽培に適した環境条件が集まるこのような場所は世界でも数ヵ所にしかありません。 夏の極めて高い気温と冬の凍えるような気候を持つピレネー山脈は、一味違う特別なワインの生産に最適です。ここで生み出されるワインは、ミネラル豊富でフレッシュな強い風味を持ち合わせているのも特徴です。 職人一家の伝統を継続する考えだけでなく、ワイン作りや土壌のケアなどの近代的な技術を取り入れる活動もしています。加糖や酸化防止剤の使用を制限した、広い意味で伝統的な方法でのオーガニックワイン作りを行なっています。 そして、「プロジェクト3」というスローガンがこのワイナリーには掲げられています。「若き3人の姉妹が、一つの目標に向かって様々な取り組みを行う事。」この3姉妹はメレールラインのエチケットにもデザインされています。 3姉妹の1人、アナ・メレールは才能あふれるワイン醸造家であり、伝統的なタイプからは想像もできないような独特のワインを作り出しています。 ■ヴァン・デル・トロス…彼らのワイナリーは、テラ・アルタの北部、中世の面影を残したヴィラルバ・デル・アルクの標高440メートルの場所にあります。ヴァン・デル・トゥロスは、ワイン醸造家であるホアン・ラモン・バダとワイン商人であるホセ・アルファルトが2009年に設立した新しいワイナリーです。二人はともにヴィラルバ・デル・アルクに生まれ、子供の頃からの親しい友人であり、この土地から生み出すワインに情熱を傾けています。彼らのねらいは、このテラ・アルタという地において伝統的な地ブドウとしてのガルナチャとガルナチャ・ブランの古樹を使いながら、独自の個性あるワインを作ることです。2012年には、新たにチャビ・オロビトが参入し、ふたりとともに、ワイン文化を広めています。

もっと読む

春の味覚に合わせるスペインワイン

春の味覚に合わせるスペインワイン

春にぴったりのスペインワインを厳選してご紹介! 春の味覚、旬食材にあわせたセットや、お花見などの春のパーティーシーン、5月の行楽シーズンに向けておすすめセットなど、初心者も上級者も陽気にワイワイ楽しめる、豊富なラインナップで提案します。

<主なワイナリー>
■ボデーガス・ビニャ・ルダ…2010年D.O.ラ・マンチャに設立された新しいワイナリーです。約15ヘクタールのブドウ園では、テンプラニーリョ種、シラー種、そしてアイレン種を栽培しています。年間の300日間は快晴に恵まれ、年間の日照時間は2,500時間、年間の降雨量は200mm-400mmと なっています。ワイナリーの畑の年間の平均気温は15℃ですが、冬には-5℃、夏には40℃を越し、とても寒暖の差が激しく、この寒暖の差がブドウの熟成 を進めます。ワインのエチケットのテーマは”傘”。ワイナリーの建物にも描かれたそのデザインは、恋人たちの愛をイメージし、愛されるワインであることへ の願いと東洋をイメージし、敬意を払って付けたデザインです。
■ボデーガス・トビーア…ボデーガス・トビーアの歴史は、オスカル・トビーアが家業のワイナリーを復活させた1994年に始まりました。瓶詰め、出荷のための施設を作ったオスカルは、冷たい北風を遮る壮大なシエラ・デ・ラ・カンタブリア山脈を望むワイナリーを設計しました。常に利益を再投資するというポリシーから、ボデーガス・トビーアは、最新のワイン醸造機を導入し、独自の高品質なワインを作り続けています。1996年、オスカルの革新性、情熱、新しいワイン醸造方法への絶え間ない探求により、最初の「オーク樽発酵ロゼワイン」がスペインで誕生しました。ロゼ ワインの世界では、画期的なワインでした。今日、樽発酵させたアルマ・デ・トビーア(トビーアの魂)ロサードは、スペインで最も有名なロゼワインのひとつです。
■エゴ・ボデーガス…エゴ・ボデーガスは、フミーリャ地方の歴史ある街の中心地から数キロ離れた恵まれた立地にあり、25ヘクタールのブドウ畑を有し、樹齢50年にもなるピエ・フランコ(接木をしていないブドウの木)のテンプラニーリョやシラー、そして土着品種のモナストレルの栽培を行なっています。フミーリャ特有の気候と相まって、強い甘みとすぐれた酸味のバランスがとれた厚い皮の小さなブドウを作り、その果実がフミーリャの濃厚な辛口ワイン産地を生み出しています。
ワイナリーが伝えたい3つのキーワード
Ego (尊厳): ワイナリー理念
Talento (能力): ワイナリーの実績と評価
Infinito (可能性): 目標への飽くなき挑戦
これら3つのキーワードは、まだ設立して間もないワイナリーが成功と失敗を繰り返しながら、試行錯誤を重ねた結果生み出された彼らのワインを象徴するものです。彼らは、ワインを常に最良の状態でお客様に楽しんでいただきたいという目標を掲げ、その年のブドウの出来具合などにより、その都度、製造過程などを見直しながら品質の高いワイン作りに取り組むよう心がけています。
■セジェール・マス・ラモネーダ…アルテサ・デル・セグレ自治体内のモンマガストレの町。マス・ラモネダはそこに100ヘクタールもの広大な土地を有し、その5分の1をブドウ畑として利用しています。DOコステルス・デル・セグレと呼ばれるこの地域は、霧が多く発生し典型的な大陸性気候特有の極端な気温変化が顕著に表れています。これらの環境条件は、ワイナリーの特色となるブドウ品種、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、テンプラニーリョ、ガルナチャやモナストレルを育てます。彼らは伝統的な醸造方法を用いて、農園内にある貯蔵室でワインを作ります。手摘みしたブドウを手作業で選りすぐった後、発酵と熟成をステンレスタンクで行います。クリアンサワインについては、フランスのアリエという有名な地域から運び入れたオーク樽で熟成させています。
■ボデーガス・メレール…メレール家は何世紀にもわたって農業に携わり、世代ごとに穀物や、アーモンド、ブドウを栽培してきました。自分たちのブドウ畑をもとに、ワイナリーを設立するという考えは、家族経営のワイン醸造の歴史を取り戻すという夢に由来しています。メレール家のブドウ畑は、DOソモンターノのピレネー山脈のふもとに位置しており、ブドウ栽培に適した環境条件が集まるこのような場所は世界でも数ヵ所にしかありません。
夏の極めて高い気温と冬の凍えるような気候を持つピレネー山脈は、一味違う特別なワインの生産に最適です。ここで生み出されるワインは、ミネラル豊富でフレッシュな強い風味を持ち合わせているのも特徴です。
職人一家の伝統を継続する考えだけでなく、ワイン作りや土壌のケアなどの近代的な技術を取り入れる活動もしています。加糖や酸化防止剤の使用を制限した、広い意味で伝統的な方法でのオーガニックワイン作りを行なっています。
そして、「プロジェクト3」というスローガンがこのワイナリーには掲げられています。「若き3人の姉妹が、一つの目標に向かって様々な取り組みを行う事。」この3姉妹はメレールラインのエチケットにもデザインされています。
3姉妹の1人、アナ・メレールは才能あふれるワイン醸造家であり、伝統的なタイプからは想像もできないような独特のワインを作り出しています。
■ヴァン・デル・トロス…彼らのワイナリーは、テラ・アルタの北部、中世の面影を残したヴィラルバ・デル・アルクの標高440メートルの場所にあります。ヴァン・デル・トゥロスは、ワイン醸造家であるホアン・ラモン・バダとワイン商人であるホセ・アルファルトが2009年に設立した新しいワイナリーです。二人はともにヴィラルバ・デル・アルクに生まれ、子供の頃からの親しい友人であり、この土地から生み出すワインに情熱を傾けています。彼らのねらいは、このテラ・アルタという地において伝統的な地ブドウとしてのガルナチャとガルナチャ・ブランの古樹を使いながら、独自の個性あるワインを作ることです。2012年には、新たにチャビ・オロビトが参入し、ふたりとともに、ワイン文化を広めています。

開催中の「アルコール」の関連セールはこちらです

開催中セールのおすすめアイテムはこちらです

GLADD(グラッド)のご紹介

GLADD(グラッド)は各種商品をセール価格で多数取り揃えております。春の味覚に合わせるスペインワインの各種商品以外にも、様々なブランド商品やメンズ・レディース・キッズのファッションアイテム・レストランコース利用券・エステサービス券・家具・アウトレット商品など幅広いカテゴリの商品をリーズナブルな値段でご購入できるようにサービスを提供しています。毎日新着の最新トレンドアイテムが登場し、キャンペーンセール商品やクーポンの用意もございますので、GLADD(グラッド)の格安オンラインショッピングをぜひ楽しんでください!そして、春の味覚に合わせるスペインワインの次回開催にどうぞご期待ください。