バイヤー厳選イタリアンワインセレクション

バイヤー厳選イタリアンワインセレクション

セール期間 : 3月31日(金)朝9:00まで 残り7日

それぞれの土地の恵みを受け、バラエティ豊かなワインが生まれるイタリア。人気、伝統、屈指のワイナリーから、選りすぐりのワインをお届けします。 ■フォンタナフレッダ社…19世紀末にイタリアの初代国王ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世の息子が、その所有地を譲り受け設立したワイナリー、フォンタナフレッダ社。一世紀以上にわたりバローロを造り続け、また、バローロの名声を世界的に高めた名門です。偉大な醸造家と言われるベッペ・コッラ氏に師事したエノロゴ、ダニーロ・ドロッコ氏のもと、フォンタナフレッダ社のワインは現代においてもイタリア内外で高い評価を得ています。 ■リヴェラ社…アドリア海に面した、長靴のかかと部分に位置するプーリア州。カステル・デル・モンテは1240年頃、この土地を治めていたフリードリヒII世によって建てられた特徴のある八角形の城のことであり、また、この近辺で造られるワインのことです。1950年、創業者がこの土地のポテンシャルの高さに注目し、ワイナリーを創設。以来、品質の向上を追求し続けてきました。プーリアの土着品種の研究に力を注ぎ、「カステル・デル・モンテ・ワイン」のパイオニア的存在であるとともに、プーリア州のワイン造りのクオリティとイメージを向上させる牽引力となっています。 ■プリマキュヴェ社…コネリアーノとヴァルドッビアーデネのワイン生産に携わるワインを愛する仲間が集まって、カジュアルに楽しめるスプマンテを造るブランドです。メンバー及びその契約する栽培農家が丁寧に手摘みで収穫した厳選したブドウを使用して自然なワイン造り、(モストの重力沈降、ブドウとそのテロワールを尊重した慎重な発酵、すべての生産工程を最大限にクリーンな環境で行う)を行っています。 ■チェヴィコ社…1950年代前半に協同組合でワインを造り始めたことから始まったチェヴィコ社は、現在ではロマーニャ全域で、サンジョヴェーゼ種やトッレッビアーノ種などを使ったロマーニャ地方特有の伝統的なワインを幅広く生産しています。コッリ・ロマニョーリはチェヴィコ社の有機ワインのブランドです。 ■ウマニ・ロンキ社…(創業1955年)1950 年代ジーノ・ウマニ・ロンキ氏によって設立され、その後ロベルト・ビアンキが経営を引き継ぐ。マルケ及びアブルッツォワインの発展にファミリーが一丸となって力を注いでいるワイナリー。いち早く近代的な畑の管理法やブドウ ウの栽培法、新しいワインの醸造法を取り入れた、マルケ州のリーダー的な存在。 ■MGMモンド デル ヴィーノ社…MGM社は1991年エミリア・ロマーニャのフォルリで3人の醸造家によって創立。現在フォルリに経営本部、ピエモンテのプリオッカに最先端の 醸造設備を持ち、数十年でトップイタリアワイン輸出メーカー15 社のうちのひとつに成長 しました。 ■カステッロ・モナチ社…南イタリアを代表するワイン産地であるプーリア州南部サリチェ・サレンティーノのワイナリーです。1480年に建てられた城に住んでいたシトー派の僧侶にちなんで“カステッロ・モナチ”(モナチ城)と名づけられました。土着品種から造られたコストパフォーマンスが高く、デイリーに楽しんでいただけるワインが幅広い人気を 集めています。 ■ドゥーカ・ディ・サラパルータ社…(創業1824年)シチリア州パレルモ県カステルダッチャに誕生したワイナリー、ドゥーカ・ディ・サラパルータ社。映画や本にも登場するシチリアワイン“コルヴォ”シリーズの造り手としても広く知られています。サラパルータ公爵、ジュゼッペ・アッリアータ卿が自分の館で客人をもてなすために、おいしいワインを造ろうとしたのが始まり。「シチリアの大地の恵みを最大限に生かして、高品質のものを造る」という創業者の精神は今も息づいています。パレルモ近郊に2つの醸造所を持ち、最新技術を駆使し、素晴らしいワインが生み出されています。ワイン法の枠にこだわらず、ブドウの特徴を最大限に引き出した味わいには、シチリアに降りそそぐ太陽の力強さが感じられます。 ■ファレスコ社…(創業1979年)ファレスコ社は、イタリアはもちろん世界で活躍する醸造家、リッカルド・コタレッラ氏が経営するワイナリー。個々のブドウとその土地が持つ「らしさ」を引き出す手腕が認められ、「天才」「魔術師」と称賛されるコタレッラ氏が、郷土のテロワール(土壌)にこだわり抜いて造った逸品ばかりです。 ■ノヴェッリ社…(創業2000年)ウンブリア屈指の食品メーカーGruppo Novelli傘下のワイナリー。最新の醸造設備やバリックや大樽などの並ぶ樽熟成庫などの設備面の投資に加え、ミラノ大学のシェンツァ教授と協力し、ブドウ栽培の研究も積極的に行っており、特にウンブリア州の伝統的なブドウ品種、サグランティーノ種、トレッビアーノ・スポレティーノ種に力を入れています。 ■フォンタナ・カンディダ社(設立1958年)…「法王のワイン」と呼ばれるフラスカーティはローマを代表する白ワイン。なかでもフォンタナ・カンディダ社は最大の生産者で、その名は全世界に知られています。気軽に楽しめるフラスカーティ・ワインのよさを最大限に表現する実力には定評があります。 ■レ・ロッケ・マラテスティアーネ社…エミリア・ロマーニャ州で1950年代からブドウの栽培と醸造を行ってきたワイナリーが1994年に合併して創設された協同組合ワイナリー。 地元の1200を超える組合メンバーと合計1000haを超える畑を所有する一大ワイナリー。協同組合の強みを活かし、安定したブドウの品質、そして良質なブドウを厳選してワインは造られます。 ■ポッジョ・マエストリーノ・スピアッジョーレ社…トスカーナ州南部マレンマ地区の美しい景観が眺められる場所に位置するワイナリー。モレッリーノ・ディ・スカンサーノとリセルヴァの2種を造っています。20ヘクタールの畑は、モレッリーノ・ディ・スカンサーノのパイオニアともいえるエリック・バンティ氏が自社畑として所有していたものを購入し、2005年からポッジョ・マエストリーノ・スピアッジョーレ社としてワインを生産。

もっと読む

バイヤー厳選イタリアンワインセレクション

バイヤー厳選イタリアンワインセレクション

それぞれの土地の恵みを受け、バラエティ豊かなワインが生まれるイタリア。人気、伝統、屈指のワイナリーから、選りすぐりのワインをお届けします。

■フォンタナフレッダ社…19世紀末にイタリアの初代国王ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世の息子が、その所有地を譲り受け設立したワイナリー、フォンタナフレッダ社。一世紀以上にわたりバローロを造り続け、また、バローロの名声を世界的に高めた名門です。偉大な醸造家と言われるベッペ・コッラ氏に師事したエノロゴ、ダニーロ・ドロッコ氏のもと、フォンタナフレッダ社のワインは現代においてもイタリア内外で高い評価を得ています。
■リヴェラ社…アドリア海に面した、長靴のかかと部分に位置するプーリア州。カステル・デル・モンテは1240年頃、この土地を治めていたフリードリヒII世によって建てられた特徴のある八角形の城のことであり、また、この近辺で造られるワインのことです。1950年、創業者がこの土地のポテンシャルの高さに注目し、ワイナリーを創設。以来、品質の向上を追求し続けてきました。プーリアの土着品種の研究に力を注ぎ、「カステル・デル・モンテ・ワイン」のパイオニア的存在であるとともに、プーリア州のワイン造りのクオリティとイメージを向上させる牽引力となっています。
■プリマキュヴェ社…コネリアーノとヴァルドッビアーデネのワイン生産に携わるワインを愛する仲間が集まって、カジュアルに楽しめるスプマンテを造るブランドです。メンバー及びその契約する栽培農家が丁寧に手摘みで収穫した厳選したブドウを使用して自然なワイン造り、(モストの重力沈降、ブドウとそのテロワールを尊重した慎重な発酵、すべての生産工程を最大限にクリーンな環境で行う)を行っています。
■チェヴィコ社…1950年代前半に協同組合でワインを造り始めたことから始まったチェヴィコ社は、現在ではロマーニャ全域で、サンジョヴェーゼ種やトッレッビアーノ種などを使ったロマーニャ地方特有の伝統的なワインを幅広く生産しています。コッリ・ロマニョーリはチェヴィコ社の有機ワインのブランドです。
■ウマニ・ロンキ社…(創業1955年)1950 年代ジーノ・ウマニ・ロンキ氏によって設立され、その後ロベルト・ビアンキが経営を引き継ぐ。マルケ及びアブルッツォワインの発展にファミリーが一丸となって力を注いでいるワイナリー。いち早く近代的な畑の管理法やブドウ ウの栽培法、新しいワインの醸造法を取り入れた、マルケ州のリーダー的な存在。
■MGMモンド デル ヴィーノ社…MGM社は1991年エミリア・ロマーニャのフォルリで3人の醸造家によって創立。現在フォルリに経営本部、ピエモンテのプリオッカに最先端の 醸造設備を持ち、数十年でトップイタリアワイン輸出メーカー15 社のうちのひとつに成長
しました。
■カステッロ・モナチ社…南イタリアを代表するワイン産地であるプーリア州南部サリチェ・サレンティーノのワイナリーです。1480年に建てられた城に住んでいたシトー派の僧侶にちなんで“カステッロ・モナチ”(モナチ城)と名づけられました。土着品種から造られたコストパフォーマンスが高く、デイリーに楽しんでいただけるワインが幅広い人気を
集めています。
■ドゥーカ・ディ・サラパルータ社…(創業1824年)シチリア州パレルモ県カステルダッチャに誕生したワイナリー、ドゥーカ・ディ・サラパルータ社。映画や本にも登場するシチリアワイン“コルヴォ”シリーズの造り手としても広く知られています。サラパルータ公爵、ジュゼッペ・アッリアータ卿が自分の館で客人をもてなすために、おいしいワインを造ろうとしたのが始まり。「シチリアの大地の恵みを最大限に生かして、高品質のものを造る」という創業者の精神は今も息づいています。パレルモ近郊に2つの醸造所を持ち、最新技術を駆使し、素晴らしいワインが生み出されています。ワイン法の枠にこだわらず、ブドウの特徴を最大限に引き出した味わいには、シチリアに降りそそぐ太陽の力強さが感じられます。
■ファレスコ社…(創業1979年)ファレスコ社は、イタリアはもちろん世界で活躍する醸造家、リッカルド・コタレッラ氏が経営するワイナリー。個々のブドウとその土地が持つ「らしさ」を引き出す手腕が認められ、「天才」「魔術師」と称賛されるコタレッラ氏が、郷土のテロワール(土壌)にこだわり抜いて造った逸品ばかりです。
■ノヴェッリ社…(創業2000年)ウンブリア屈指の食品メーカーGruppo Novelli傘下のワイナリー。最新の醸造設備やバリックや大樽などの並ぶ樽熟成庫などの設備面の投資に加え、ミラノ大学のシェンツァ教授と協力し、ブドウ栽培の研究も積極的に行っており、特にウンブリア州の伝統的なブドウ品種、サグランティーノ種、トレッビアーノ・スポレティーノ種に力を入れています。
■フォンタナ・カンディダ社(設立1958年)…「法王のワイン」と呼ばれるフラスカーティはローマを代表する白ワイン。なかでもフォンタナ・カンディダ社は最大の生産者で、その名は全世界に知られています。気軽に楽しめるフラスカーティ・ワインのよさを最大限に表現する実力には定評があります。
■レ・ロッケ・マラテスティアーネ社…エミリア・ロマーニャ州で1950年代からブドウの栽培と醸造を行ってきたワイナリーが1994年に合併して創設された協同組合ワイナリー。
地元の1200を超える組合メンバーと合計1000haを超える畑を所有する一大ワイナリー。協同組合の強みを活かし、安定したブドウの品質、そして良質なブドウを厳選してワインは造られます。
■ポッジョ・マエストリーノ・スピアッジョーレ社…トスカーナ州南部マレンマ地区の美しい景観が眺められる場所に位置するワイナリー。モレッリーノ・ディ・スカンサーノとリセルヴァの2種を造っています。20ヘクタールの畑は、モレッリーノ・ディ・スカンサーノのパイオニアともいえるエリック・バンティ氏が自社畑として所有していたものを購入し、2005年からポッジョ・マエストリーノ・スピアッジョーレ社としてワインを生産。

すべてのアイテム

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳を過ぎてから。

GLADD(グラッド)のご紹介

GLADD(グラッド)はバイヤー厳選イタリアンワインセレクションの『ロマンディオラ』 ピニョレット・スプマンテや『イル・サローネ』をセール価格で多数取り揃えております。また、バイヤー厳選イタリアンワインセレクションの各種商品以外にも、様々なブランド商品やメンズ・レディース・キッズのファッションアイテム・レストランコース利用券・エステサービス券・家具・アウトレット商品など幅広いカテゴリの商品をリーズナブルな値段でご購入できるようにサービスを提供しています。毎日新着の最新トレンドアイテムが登場し、キャンペーンセール商品やクーポンの用意もございますので、GLADD(グラッド)の格安オンラインショッピングをぜひ楽しんでください!

  • GLADDトップ
  • バイヤー厳選イタリアンワインセレクション