グラムール セールスはGLADD(グラッド)に変わりました。
ご登録のアカウントは引き続きご利用いただけますので、再度ログインをお願いいたします。 GLADDについて
  • GLADD(グラッド)
  • バイヤー厳選 味も見た目も楽しいオーガニックワインセレクション
バイヤー厳選 味も見た目も楽しいオーガニックワインセレクション

バイヤー厳選 味も見た目も楽しいオーガニックワインセレクション

セール期間 : 2016年11月22日まで

南仏より、美味しくて体に優しいオーガニック、ユニークなエチケットも愉しめるコスパの高い人気ワインを厳選してご紹介。 ●マス・ド・ジャニーニ(ランドック地方)・・・ラングドックの中心モンペリエから西へ20km、ニームとベジエの間にある人口約700人のサン・ボジル・ド・ラ・シルビー村。南仏の輝く太陽のもとで家族経営を行うマス・ド・ジャニーニは、1980年代の終わりにパスカルが父親からブドウ畑を引き継ぎ、ワイン造りに加わりビオロジック栽培を始めました。 白ワインは混植された3品種を真夏の高温を避けナイトハーベストを行い混醸、ステンレスタンクでの低温発酵によりアロマティックなワインに仕上げます。赤ワインは品種毎に手摘み収穫後ステンレスタンクで発酵を行います。カリニャンは、フルーティーさとやさしいタンニンを求めてマロラティック発酵を行うなど品種毎の特性を生かした醸造を行います。樹齢50年以上のカリニャンから誕生する赤は2006が初リリースで、第20回シグナチュール・ビオ・ラングドックルーション地方コンクールで銀賞を受賞したほか、07は第22回ヴァレ・ド・レローコンクールで金賞を受賞するなど現地での評価はかなりのもの。小規模生産者であるためワイン造りに要する手間と時間もかなりのものですが、コツコツと足並み揃え兄弟で日々奮闘中です。目を引く衝撃的なエチケットですが音楽好きの二人がギター片手にブドウを踏む姿が描かれコミカル&ド派手に仕上がっています。ラベルとは裏腹にナチュラルな味わいとその背後に隠れたとてつもない力量を是非音楽と共にご堪能ください。 ●ボンフィス(ランドック地方)・・・地球に存在するすべての自然、ハワイの海の守り神である亀(ハワイ語=ホヌ)、島の女神。太陽が昇り、光が海を輝かせ、そして雨は山の命に潤いを運び、海へと流れる。雨の後には幸福の虹が。全ての命はめぐりめぐる。カウアイ島のビーチで描かれたこの素敵な一枚の絵に出合ったのは2009年の夏。フランスから海を渡ってやってくるワインはフードマイレージが大きく、膨大なエネルギーを消費しているという事実。私たちインポーターの目線で環境保護を目的とした等身大の活動について考えていた時でした。無農薬、化学肥料なしでブドウを造るということは、大地や人間、生物を汚染せず、自ずと生態系を守ることでもあります。もちろん「旨いワインでないと話は始まらない!」ディオニーが選んだのは地中海の太陽を存分に浴びたラングドックワイン。遠いフランスの地からパートナーであるこのワインの生産者も我々の意図に強く共鳴し、熱いエールを送ってくれています。無農薬栽培のブドウで造られるワインの売上の一部をSFJの活動を支援するために寄付します。 ●ドメーヌ・アザン(ラングドック地方)・・・仏の中心都市モンペリエから南西15㎞ピクプール・ド・ピネというエリア。海からわずか6キロしか離れておらず、地中海からの潮の香りをたっぷり含んだ海風が心地よく吹きつける場所にドメーヌアザンはあります。1985年からビオロジック栽培に取り組んできたオリヴィエと妻フロリアンヌは少しずつ栽培面積を増やしてきました。幸運なことにさらさらと乾燥した気候と、風による防虫効果も手伝ってごく自然にケミカルな物を使わない農業ができていると言います。車を少し走らせれば、海沿いの街らしく魚屋やオイスターバー がいくつもあり、必ずと言って良いほどそこには白ワインのボトルが並んでいるのです。そんなに遠くなく、畑の向こうには地中海が見え、空の色と繋がり紺碧の世界を作り出します。そこで光を浴びたブドウがきらきら輝く、そんな自然色一杯のドメーヌです。 ●ジャン・プラ・セレクション(ルーション地方)・・・南フランスのラングドック&ルーション地方はフランスで最古のワイン産地で、現在でもフランス全土の3分の1のワインを生産しています。もともとこの地方は高級ワインよりも日常的な品質の気軽なワインの生産地として知られていましたが、今や最高の気候と素晴らしい土壌にあった品種(グル ナッシュ種)を栽培・醸造することにより個性が表れた上質なワインを楽しめる産地として世界の注目を集めています。ルーション地方の土壌はシスト土壌と粘土石灰というテロワールですが、このシスト土壌とは、石のミルフィユのような感じで、崩れ易い薄いスレート状の層が重なっている地層でブドウの根がそれを突き抜けて地中深く伸びていき、鉄分などのミネラルを豊富に吸収します。このシスト土壌とそこに植えられたグルナッシュ種の組み合わせこそシンプルでルーズになりやすいグルナッシュが、ここでは別次元のミネラル感を見せ、上品で緻密な味わいとなります。グルナッシュ本来の果実味とシスト土壌ならではの綺麗な酸とミネラルが絶妙のハーモニーを奏でます。2013年までは、ルーションの小さな農協に依頼し開発していましたが、2014年からは、複数のドメーヌよりブドウを購入し、ジャンのプロデュースにより醸造しています。最高の環境で育ったブドウから出来る果実味たっぷりの味わいをお楽しみいただけます。

もっと読む

バイヤー厳選 味も見た目も楽しいオーガニックワインセレクション

バイヤー厳選 味も見た目も楽しいオーガニックワインセレクション

南仏より、美味しくて体に優しいオーガニック、ユニークなエチケットも愉しめるコスパの高い人気ワインを厳選してご紹介。

●マス・ド・ジャニーニ(ランドック地方)・・・ラングドックの中心モンペリエから西へ20km、ニームとベジエの間にある人口約700人のサン・ボジル・ド・ラ・シルビー村。南仏の輝く太陽のもとで家族経営を行うマス・ド・ジャニーニは、1980年代の終わりにパスカルが父親からブドウ畑を引き継ぎ、ワイン造りに加わりビオロジック栽培を始めました。
白ワインは混植された3品種を真夏の高温を避けナイトハーベストを行い混醸、ステンレスタンクでの低温発酵によりアロマティックなワインに仕上げます。赤ワインは品種毎に手摘み収穫後ステンレスタンクで発酵を行います。カリニャンは、フルーティーさとやさしいタンニンを求めてマロラティック発酵を行うなど品種毎の特性を生かした醸造を行います。樹齢50年以上のカリニャンから誕生する赤は2006が初リリースで、第20回シグナチュール・ビオ・ラングドックルーション地方コンクールで銀賞を受賞したほか、07は第22回ヴァレ・ド・レローコンクールで金賞を受賞するなど現地での評価はかなりのもの。小規模生産者であるためワイン造りに要する手間と時間もかなりのものですが、コツコツと足並み揃え兄弟で日々奮闘中です。目を引く衝撃的なエチケットですが音楽好きの二人がギター片手にブドウを踏む姿が描かれコミカル&ド派手に仕上がっています。ラベルとは裏腹にナチュラルな味わいとその背後に隠れたとてつもない力量を是非音楽と共にご堪能ください。

●ボンフィス(ランドック地方)・・・地球に存在するすべての自然、ハワイの海の守り神である亀(ハワイ語=ホヌ)、島の女神。太陽が昇り、光が海を輝かせ、そして雨は山の命に潤いを運び、海へと流れる。雨の後には幸福の虹が。全ての命はめぐりめぐる。カウアイ島のビーチで描かれたこの素敵な一枚の絵に出合ったのは2009年の夏。フランスから海を渡ってやってくるワインはフードマイレージが大きく、膨大なエネルギーを消費しているという事実。私たちインポーターの目線で環境保護を目的とした等身大の活動について考えていた時でした。無農薬、化学肥料なしでブドウを造るということは、大地や人間、生物を汚染せず、自ずと生態系を守ることでもあります。もちろん「旨いワインでないと話は始まらない!」ディオニーが選んだのは地中海の太陽を存分に浴びたラングドックワイン。遠いフランスの地からパートナーであるこのワインの生産者も我々の意図に強く共鳴し、熱いエールを送ってくれています。無農薬栽培のブドウで造られるワインの売上の一部をSFJの活動を支援するために寄付します。

●ドメーヌ・アザン(ラングドック地方)・・・仏の中心都市モンペリエから南西15㎞ピクプール・ド・ピネというエリア。海からわずか6キロしか離れておらず、地中海からの潮の香りをたっぷり含んだ海風が心地よく吹きつける場所にドメーヌアザンはあります。1985年からビオロジック栽培に取り組んできたオリヴィエと妻フロリアンヌは少しずつ栽培面積を増やしてきました。幸運なことにさらさらと乾燥した気候と、風による防虫効果も手伝ってごく自然にケミカルな物を使わない農業ができていると言います。車を少し走らせれば、海沿いの街らしく魚屋やオイスターバー がいくつもあり、必ずと言って良いほどそこには白ワインのボトルが並んでいるのです。そんなに遠くなく、畑の向こうには地中海が見え、空の色と繋がり紺碧の世界を作り出します。そこで光を浴びたブドウがきらきら輝く、そんな自然色一杯のドメーヌです。

●ジャン・プラ・セレクション(ルーション地方)・・・南フランスのラングドック&ルーション地方はフランスで最古のワイン産地で、現在でもフランス全土の3分の1のワインを生産しています。もともとこの地方は高級ワインよりも日常的な品質の気軽なワインの生産地として知られていましたが、今や最高の気候と素晴らしい土壌にあった品種(グル
ナッシュ種)を栽培・醸造することにより個性が表れた上質なワインを楽しめる産地として世界の注目を集めています。ルーション地方の土壌はシスト土壌と粘土石灰というテロワールですが、このシスト土壌とは、石のミルフィユのような感じで、崩れ易い薄いスレート状の層が重なっている地層でブドウの根がそれを突き抜けて地中深く伸びていき、鉄分などのミネラルを豊富に吸収します。このシスト土壌とそこに植えられたグルナッシュ種の組み合わせこそシンプルでルーズになりやすいグルナッシュが、ここでは別次元のミネラル感を見せ、上品で緻密な味わいとなります。グルナッシュ本来の果実味とシスト土壌ならではの綺麗な酸とミネラルが絶妙のハーモニーを奏でます。2013年までは、ルーションの小さな農協に依頼し開発していましたが、2014年からは、複数のドメーヌよりブドウを購入し、ジャンのプロデュースにより醸造しています。最高の環境で育ったブドウから出来る果実味たっぷりの味わいをお楽しみいただけます。

次回のセールは2016年12月16日から2016年12月26日まで開催予定

開催中の「アルコール」の関連セールはこちらです

開催中セールのおすすめアイテムはこちらです

GLADD(グラッド)のご紹介

GLADD(グラッド)は各種商品をセール価格で多数取り揃えております。バイヤー厳選 味も見た目も楽しいオーガニックワインセレクションの各種商品以外にも、様々なブランド商品やメンズ・レディース・キッズのファッションアイテム・レストランコース利用券・エステサービス券・家具・アウトレット商品など幅広いカテゴリの商品をリーズナブルな値段でご購入できるようにサービスを提供しています。毎日新着の最新トレンドアイテムが登場し、キャンペーンセール商品やクーポンの用意もございますので、GLADD(グラッド)の格安オンラインショッピングをぜひ楽しんでください!そして、バイヤー厳選 味も見た目も楽しいオーガニックワインセレクションの次回開催にどうぞご期待ください。

  • GLADDトップ
  • バイヤー厳選 味も見た目も楽しいオーガニックワインセレクション