グラムール セールスはGLADD(グラッド)に変わりました。
ご登録のアカウントは引き続きご利用いただけますので、再度ログインをお願いいたします。 GLADDについて
KOYUDO

KOYUDO (晃祐堂)

セール期間 : 2016年4月15日まで

熊野筆の伝統を継承した、斬新かつ機能性のある化粧筆を展開する「KOYUDO」が登場!職人の技が光る高品質のメイクブラシをご紹介します。 熊野の筆作り職人である「筆司」。なかでも優れた職人として認められた「伝統工芸士※」が在籍し、各種毛筆の製造・販売を行っているのが晃祐堂です。そんな晃祐堂が、長年にわたり蓄積した書筆の技術を生かし展開している化粧筆ライン「KOYUDO」。匠の技が息づく、伝統ある土地「熊野」でしかできない技術により、機械生産では難しい「細部にまでこだわった製品」を展開しています。 ※伝統工芸士・・・古くは江戸時代から続いてきた熊野の筆作り。そんな熊野の筆作り職人である「筆司」の中でも、筆作り経験が12年以上あり、かつ優れた技術と経験を持つ職人の中から名人として認められた職人が「伝統工芸士」として認定されます。 ~熊野筆の歴史~ 広島県安芸郡熊野町は四方を海抜500m前後の山々に囲まれた小さな高原盆地です。広島、呉、東広島の3つの市に囲まれるように、南北に細長い形をしています。 人工は約26,000人を数え、その内1,500人が筆司という筆作りの技術者です。また認定試験に合格し、伝産法第24条8号により伝統工芸士に認定された筆作りの名人がいます。なぜこの町に筆作りが発達したのでしょうか? 18世紀末(江戸時代末期)頃、平地の少ない熊野村では農業だけでは生活が苦しい為、農閑期を利用して奈良地方から筆や墨を仕入れ、それを売りさばいていたことがきっかけとなり、筆と熊野の結びつきが生まれました。 今から約170年前になると、広島藩の工芸の推奨により、全国に筆、墨の販売が広がり、本格的に筆作りの技術習得を目指すことになりました。 その後、村民の熱意と努力により筆作りの技が根付き、明治5年に学校制度ができ、33年には義務教育が4年間になるなど、学校教育の中で筆が使われるようになり、生産量が大きく増加しました。 第二次世界大戦後、習字教育の廃止により毛質の生産量が落ち込んだ時期もありましたが、昭和30年頃から画筆や化粧筆の生産も始まり、昭和50年には広島県で始めて通商産業大臣により伝統的工芸品に指定を受けました。現在では毛筆、画筆、化粧筆のいずれも全国生産の80%以上を占めるまでに発展しています。このように熊野の筆作りは、今もなお、親から子供へ子供から孫へと引き継がれています。

もっと読む

KOYUDO (晃祐堂)

KOYUDO

熊野筆の伝統を継承した、斬新かつ機能性のある化粧筆を展開する「KOYUDO」が登場!職人の技が光る高品質のメイクブラシをご紹介します。

熊野の筆作り職人である「筆司」。なかでも優れた職人として認められた「伝統工芸士※」が在籍し、各種毛筆の製造・販売を行っているのが晃祐堂です。そんな晃祐堂が、長年にわたり蓄積した書筆の技術を生かし展開している化粧筆ライン「KOYUDO」。匠の技が息づく、伝統ある土地「熊野」でしかできない技術により、機械生産では難しい「細部にまでこだわった製品」を展開しています。

※伝統工芸士・・・古くは江戸時代から続いてきた熊野の筆作り。そんな熊野の筆作り職人である「筆司」の中でも、筆作り経験が12年以上あり、かつ優れた技術と経験を持つ職人の中から名人として認められた職人が「伝統工芸士」として認定されます。


~熊野筆の歴史~
広島県安芸郡熊野町は四方を海抜500m前後の山々に囲まれた小さな高原盆地です。広島、呉、東広島の3つの市に囲まれるように、南北に細長い形をしています。

人工は約26,000人を数え、その内1,500人が筆司という筆作りの技術者です。また認定試験に合格し、伝産法第24条8号により伝統工芸士に認定された筆作りの名人がいます。なぜこの町に筆作りが発達したのでしょうか?

18世紀末(江戸時代末期)頃、平地の少ない熊野村では農業だけでは生活が苦しい為、農閑期を利用して奈良地方から筆や墨を仕入れ、それを売りさばいていたことがきっかけとなり、筆と熊野の結びつきが生まれました。

今から約170年前になると、広島藩の工芸の推奨により、全国に筆、墨の販売が広がり、本格的に筆作りの技術習得を目指すことになりました。

その後、村民の熱意と努力により筆作りの技が根付き、明治5年に学校制度ができ、33年には義務教育が4年間になるなど、学校教育の中で筆が使われるようになり、生産量が大きく増加しました。

第二次世界大戦後、習字教育の廃止により毛質の生産量が落ち込んだ時期もありましたが、昭和30年頃から画筆や化粧筆の生産も始まり、昭和50年には広島県で始めて通商産業大臣により伝統的工芸品に指定を受けました。現在では毛筆、画筆、化粧筆のいずれも全国生産の80%以上を占めるまでに発展しています。このように熊野の筆作りは、今もなお、親から子供へ子供から孫へと引き継がれています。

次回のセールは2017年1月1日から2017年1月11日まで開催予定

開催中の「ビューティ」の関連セールはこちらです

開催中セールのおすすめアイテムはこちらです

GLADD(グラッド)のご紹介

GLADD(グラッド)は各種商品をセール価格で多数取り揃えております。KOYUDOの各種商品以外にも、様々なブランド商品やメンズ・レディース・キッズのファッションアイテム・レストランコース利用券・エステサービス券・家具・アウトレット商品など幅広いカテゴリの商品をリーズナブルな値段でご購入できるようにサービスを提供しています。毎日新着の最新トレンドアイテムが登場し、キャンペーンセール商品やクーポンの用意もございますので、GLADD(グラッド)の格安オンラインショッピングをぜひ楽しんでください!そして、KOYUDOの次回開催にどうぞご期待ください。